スクラバーとは何か簡単に解説

スクラバーとは、排気ガスや有毒なガスを、吸着水洗浄薬液中和という三つの事を使い大気中に放出できるようにするものです。おもに工場などにスクラバーは設置されていてスクラバーが無い、近くに住んでいる方の健康被害や、環境汚染などの問題にもなります。おもにつかわれている工場は、鋳物工や場製や薬工場のほか化学工場とゴム製品工場など多種多様にわたります。スクラバーには、湿式と乾式という二つの物があります。

湿式はアルカリ性か酸性の洗浄液を降らせて、排気する中にある汚染物質などを中和させて除去します。乾式は、活性炭などの吸着剤や高性能のフィルターのフィルターに、排気ガスを通して悪臭などの原因になる有害物質を取り除きます。どちらを使うにせよメンテナンスは必須。メンテナンスをせずにそのままにしておくとしっかりと有害物質を取り除くことが、できなくなっていき、環境被害や近隣住民への健康被害などが出てくるかもしれません。

そうならないようしっかりとメンテナンスをしてください。そんな気になるスクラバーのお値段なのですが、乾式のタイプで60万円、コンパクトな湿式タイプで70万円、最新の技術が搭載されているようなタイプは120万円程度が相場です。値段が高いほど性能は高くなりますが値段もその分張りますので、自分たちの工場にはどんなサイズが合っているかしっかりと考えてから購入するようにしてくださいね。メンテナンス方法もしっかりと確認してください。

スクラバーのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です