スクラバーとは?どんな装置?

スクラバーは排気ガスなどの人体や環境にとって有害とされるガスを、吸着と水洗浄、薬液中和等の処理を通すことで、大気に放つことのできるようにするための装置のことです。別名は、「洗浄塔システム」や「排ガス処理装置」とも呼ばれています。スクラバーと書かれるよりも別名の方がイメージがしやすいかもしれません。いろいろな種類のスクラバーが存在し、水膜を用いて100%気液接触することを可能にした「デオライザー」は代表的なものの1つとして挙げられます。

工場などで発生する排気ガスをそのままの状態で外に出してしまうと、工場の周囲に住む人たちの迷惑になるのはもちろんのこと、大気汚染などを代表とする環境問題になります。更に、工場で働く従業員の健康を害することや、職場環境の悪化による作業効率の低下が起こることがあるので、工場内の排気ガスに対する対策は十分にする必要があり、スクラバーで排気ガスを処理し、大気を洗浄することはさまざまなメリットがあります。そのため、排気ガスに対する対策はとても大切な課題の1つです。ここで大事なことは、工場内で出てしまう排気ガスがどのような種類であるのかを把握することでしょう。

これをしっかりとしておかないと有効な排気ガス対策ができなくなってしまいます。先述した通り、スクラバーにもいろいろな種類のものがあり、それぞれの向上で出される排気ガスに対して有効な処理方法を知ることは、職場環境を改善するとともに、環境問題などにも対処する非常に大切なことです。スクラバーのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です