スクラバーについての解説

スクラバーとは、化学プラント等で発生するガスに含まれる有害物質を除去する装置です。化学的な処理を要する工程や廃棄物処理においては有毒なガスが発生することがよくあります。スクラバーはそういったガスに浄化処理を行うことで各種の有害物質を除去し、大気への放出が可能な気体にします。「洗浄塔」とも呼ばれています。

スクラバーによる空気の浄化方式には湿式と乾式があります。湿式は、化合物と反応する物質を含んだ水溶液をガス中の有害物質と反応させて中和・除去する仕組みです。除去する物質に合わせた水溶液が用いられます。単に水と接触させて溶解除去する場合もあります。

これらの処理の際には煤煙も除去されます。乾式は、活性炭のフィルターなどにガスを通すことで各種の有害物質を吸着除去します。化学物質ごとに対応するフィルターは異なり、1つ以上のフィルターで処理されます。これらのフィルター内蔵装置を「吸収塔」といいます。

消石灰やソーダ灰を数方向から注入して反応させる場合もあり、この際はガス中に水分を加える(スプレーする)ことによっては処理効率が上がります。アルカリ、スラリー混合物をガスに噴射する場合は反応によって有害物質が塩(えん)に固形化し、別途煤塵として除去します。水銀を含む場合は吸収塔では除去できず、ガス中にハロゲンを加えるなどのさらなる処理が必要になります。排ガスはそのまま大気に放出すると周辺住民に健康被害が及ぶため、以上のような処理が加えられてから放出されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です