工場の排ガス効果のあるスクラバー

スクラバーとは工場内で発生した有害物質を含んでいる空気を、吸い込んでフィルターを使ったり、薬液で中和させて無害にしたり洗浄する機能のある装置です。排ガス処理装置とも呼ばれ、水の膜を作りその中を汚水を通すことできれいにするものなどさまざまな種類があります。工場で発生する排ガスをそのまま放出すると近隣の人たちに迷惑になり、地球の環境の悪化にもなり問題になり、工場で働いている人にも、排ガス対策を怠っていると職場環境が悪化して、健康被害や生産性の低下などに繋がります。スクラバーを導入する際は工場内でどんな排ガスが発生しているかを知り、それに合った浄化効果のあるものを確認する必要があります。

鋳造工場では鉄粉が混ざったじん粉で、強い悪臭がある排ガスなので100%浄化できる水の膜をフィルターにしたものが向いていて、製薬工場では成分に有害なものはそれほど含まれていませんが漢方の物質などの強い悪臭のある気体を発生させるため、スクラバーは消臭効果の優れたものが向いています。他にも化学工場では有害なホルムアルデビトなどが含まれて臭いの強いものに有効な化学反応を利用した中和作用があって消臭効果のあるもの、ゴム工場では人体や環境に大きな影響を及ぼす有害物質を含んでいて、悪臭も強い気体を完全に浄化させることができる水の膜を使ったものが向いています。このようにスクラバーは工場の種類によってそれぞれの特色のあるものを選んで導入することで、環境や従業員や近隣の人を守ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です