スクラバーの効果とは?有効な処理方法を知ろう

スクラバーとは、「洗浄塔システム」た「排ガス処理装置」とも呼ばれている、大気中の排気ガスや有害なガスなどを処理する装置のことです。工場から排出されるガスの処理は環境問題にとっても大切ですが、近隣住民とのトラブル回避や従業員に対する健康問題の対処、工場内の職場環境の改善に大事なことになります。そのため、どのように排気ガス処理を行うのか、工場から出される排気ガスのことをしっかりと把握し、有効な処理方法を知る必要があります。実際にスクラバーはどのような工場の排気ガスを処理することができるのかご存知でしょうか。

鋳造工場では粉じんなどが混ざった排気ガスやレジンが含まれるアンモニア等が発生します。これらは人間の体に入ると肺や気管に及び、呼吸器系に影響を与える可能性があり、健康被害が出てしまうと近隣住民や従業員とのトラブルのもとです。そのため、スクラバーでこれらの排気ガスを除去することが必要となります。続いて、製薬工場特に漢方薬を扱う工場では、強いにおいが出てしまい、近隣住民とのトラブルになる可能性が大です。

さらに、これらは健康被害にも繋がることがあります。スクラバーはにおいの物質を除去のに強力な効果を発揮しますので、製薬工場の排気ガス対策に有効です。ゴム製品工場で出る排気ガスは、工程の中で発生する粉じんや有機溶剤の混ざったガスです。さらにシロキサンなどを含むことでにおいを発生する可能性があります。

そのため、これらの排気ガスに対し、有機溶液が混ざった排気ガスの処理をすることが大切となります。これまで見てきた通り、工場によって出てくる排気ガスは違うため、それぞれの向上にあった処理方法を選択する必要があるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です