地球環境の悪化を防止する役目を果たすスクラバー

工場などで燃焼を伴う加工を行った時は、ちりやホコリ、有害なガスや地球温暖化などを引き起こす二酸化炭素などの排気ガスを発生させます。以前はこれらの有害物質は発生しても仕方ない、産業の発展にはいた仕方ないものとされていました。しかし最近では地球環境の悪化や大気上空にあるオゾン層を破壊し、地球温暖化の原因となることから排出を規制することようになっています。この有害物質を大気中に放出しないようにする役目を行っているのがスクラバーです。

これは工場内にあって有害物質を中和したりきれいにすることができる機器です。スクラバーには2つの種類があり、一つは有害物質を中和して無害にするものです。この装置は湿式タイプと呼ばれ、発生された物質が酸性の場合はアルカリ性の物質、アルカリ性の場合は酸性の物質を噴霧して、発生したものを中和して無害にするものです。中和されたものはまずとなってただの水蒸気なので大気に発散されても無害なので安全です。

もう一つのタイプは工場内の空気を吸い込み、ちりやホコリとなった大気に悪影響を及ぼすものをフィルターで取り込み綺麗にするものです。発生したものにあったフィルターで完璧に取り込むので、綺麗になった空気をのみを放出するので、臭いもない清浄な空気を工場外に放出することができます。このようにスクラバーは地球環境に大切な役目を果たしていて、装置は不備のない精度の高いものが販売されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です