スクラバーを使用する場合の注意点

スクラバーとは工業などの生産工程で発生する有毒性の高い排ガスに対して、有毒成分を除去して無害化したものを大気中に放出ために使われる機器です。工場で設置されている煙突などは多くがスクラバーであり、大気汚染のような環境破壊を起こさないことを目的に設置されています。スクラバーは大きくわけると水などの液体を使ってアルカリ性や酸性の排ガスを中和したり、ガスに含まれてる有毒成分を吸着する部材を使って除去することで、環境への被害を軽減します。注意しなければいけないのは定期的にメンテナンスを行ったり、使っている部材を新しいものに交換しなければ効果が持続しません。

これは有毒物質そのものを分解したり無害化しているわけではなく、単純に集めて拡散しないようにしているだけなので、いずれは許容量を過ぎてしまうことで有害物質がある状態で排出してしまうからです。日本では以前まではこのような装備を使っていなかったので、有毒性のある排ガスから大気汚染が起きてしまい、健康被害を訴える人が生じる公害が発生していました。この公害の恐ろしいところは簡単に有毒性の排ガスが広がってしまい、悪影響を受ける人が増加してしまうということです。現在は人体に被害を及ぼすような排ガスの放出は法律の規定があり、日本は世界的に見てもこの基準が厳しいので今では公害の危険性はとても低くなっています。

経済を発展するためには工業を活性化させるのは有効であり、工業化を進めるとどうしても有害物質の発生量は増加するでしょう。大切なのは適切に処理して人間だけでなく他の生物や自然環境に影響を与えないことであり、そのためにもスクラバーを適正に運用することが重要であるのは間違いありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です