スクラバーの仕組みと種類とは

工場では粉塵や有毒ガスなどの汚染物質を含む排気ガスが発生することがあり、そのまま大気中に放出すると環境を汚染させてしまいます。有害物質を含む排気ガスを放出するためには、汚染の原因となる物質の除去を行う必要があります。汚染された排気ガスを浄化するための装置はスクラバー(洗浄塔)と呼ばれ、人体や環境に悪影響を及ぼす粉塵や有毒ガスを回収する目的で使用されます。スクラバーが排気ガスを浄化する仕組みはいくつかありますが、大きく分けると湿式と乾式の2種類があります。

湿式スクラバーは、有毒物質を中和するための溶液中に排気ガスを通過させることで、酸性またはアルカリ性の有害物質を除去する構造になっています。これに対して、乾式スクラバーは活性炭などのように吸着性の高いフィルターを通すことで有害物質を除去する仕組みで、ハロゲンなどの揮発性の高い化学物質を多く含む排気ガスの浄化に用いられます。活性炭フィルターを使用して揮発性の有毒ガスを除去する場合は、使用済みのフィルターは加熱処理を行って有害物質を回収してから再度使用されます。ちなみに洗浄塔の中には、乾式と湿式の両方を組み合わせた洗浄装置も存在します。

スクラバーは処理をしたい排気ガスの種類と量に応じて設計する必要があり、使用する中和剤の種類や吸着用のフィルターを選びます。中和剤を使用する場合は廃液が発生するので、廃液処理のための設備が必要になる場合もあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です