スクラバーってなんだろう?

聞き慣れない言葉のスクラバーですが、洗浄塔システムという大気汚染防止装置のひとつのことです。スクラバーとは、排ガスや有害ガスなどを、吸着、水洗浄、薬液中和などで処理して大気に放出できるようにするための装置です。洗浄塔システム、排ガス処理装置とも呼ばれています。工業的な排出元からのばいじん粒子やガスを除去する目的で用いる装置で、大型の工場や施設に取り付けられています。

排出ガスから毒性や腐食性を持つ化合物を除去し中和する方法がいくつか存在していて、その方法はおおきく2つに分かれます。まず湿式スクラバーは、実験や化学分析、化学工場、製造工程において、その作業中に使用する酸やアルカリ薬品等、発生する有害ガスを排風機で集め、排ガス洗浄装置(湿式スクラバー)で取り除き、きれいにして大気に放出する装置です。高濃度の酸性ガスやアルカリ性ガスの、水洗浄や薬液中和吸収を可能とします。製造に使われる素材でも違いがあり、水溶性の有機溶剤ガスの場合はステンレス製で、対するFRP製は大風量型として制作することもできます。

もうひとつの乾式スクラバーは、水洗浄では除去しにくい有機溶剤や悪臭を活性炭にて除去する装置です。有機溶剤や悪臭の除去に便利で、対象ガスに合わせて吸着材が選定されるので、確実に除去することが出来ます。交換容易の吸着材カートリッジ式のタイプが広く流通しているため、吸着剤もカートリッジ式のため交換が簡単です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です