乾式スクラバーの構造と仕組みとは

工場で人体に有害なガスなどが発生する場合は、排気ガスを大気中に放出する前に浄化が必要になります。排気ガスを浄化させる装置がスクラバーで、ガスに含まれる成分によって湿式と乾式のいずれか、または両方を組み合わせたシステムが使用されます。排気ガスに含まれる成分が揮発性有機溶剤やハロゲンガスなどのVOCであれば、乾式スクラバーが用いられます。これは、有害物質を含む排気ガスを活性炭などでつくられたフィルターを通過させる方法です。

活性炭が有機溶剤やハロゲンガスを吸着する作用により、汚染物質の除去と脱臭ができる仕組みです。疎水性の有機溶剤は水で除去することが難しいので、活性炭を通して浄化する必要があります。乾式タイプのスクラバーは水酸化ナトリウムなどの溶剤を使用する必要がないので、廃液処理が簡単です。乾式スクラバーで活性炭などの吸着材を使用する場合は、事前に排ガスに含まれるホコリなどを除去するプレフィルターを通す必要があります。

活性炭フィルターにホコリなどが付着すると、揮発性物質の吸着が阻害されてしまうからです。活性炭フィルターが有機溶剤や有害なハロゲンガスを吸着して使用済みとなった後は、加熱処理を行って吸着した成分を除去してから再び使用されます。有機溶剤を取り扱う事業所であれば、活性炭が吸着した溶剤を回収して再利用されるケースがあります。単一の有機溶剤のみを使用する場合は、回収後に再利用をしやすくなります。

スクラバーのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です