様々な工場で活躍するスクラバー

スクラバーは排ガスや有害ガスなどを、吸着・水洗浄・薬剤中和して処理し大気に放出する装置で、洗浄塔システムや排ガス処理装置と呼ばれることもあります。工場で発生する排ガスを、そのままの状態で外に放出してしまうと、近隣住民に迷惑がかかりますし環境問題も起こります。工場内の排ガス対策が不十分な場合も、職場環境の悪化により生産性の低下や、従業員の健康被害が起こる可能性が高くなります。スクラバーで排ガス処理を行うことは非常に重要で、それぞれの工場で発生する排ガスの種類を把握して、有効な対策をすることが求められます。

工場の生産ラインから発生する排ガスの、最も有効的な処理の方法を把握する必要があります。鋳物工場では小さな粉塵が混ざった排ガスや、レジンが含まれるアンモニアなどの強い臭気物質が発生し、人間の体内に入り込んで肺や気管に達すると、呼吸器に被害が及ぶ場合があります。スクラバーはこれらの粉塵や臭気物質を除去する効果があり、完全に気液接触を実現するものなら、粉塵と臭気物質を確実に捕捉します。漢方薬を扱う製薬会社では、漢方の強い臭気が発生し、近隣住人にも被害が及び健康被害が出る可能性もあるので、強い臭気物質を除去するスクラバーが有効です。

化学工場では、扱う製品により様々な有害物質や臭気気質が発生し、人体に有害なホルムアルデヒドや有機溶剤などで健康被害が起こる可能性があります。このような化学工場からの排ガスにも対応しています。ゴム製品製造工場でも、粉塵や有機溶剤が混ざったガスが発生し、シロキサンやシリコンを含んだ排ガスで臭気が発生することもあります。ゴム製品製造工場でもスクラバーは能力を発揮し、これらの有害物質を確実にキャッチします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です