排ガス処理に欠かせないスクラバーの効果とは

日本には様々な工場が存在しており、その工場では製造過程でどうしても排ガスが発生しています。排ガスには工場の種類によって有毒な成分を含んでおり、各種工場はそのガス処理をどうにかする事が課題となっています。その課題をクリアする装置がスクラバーです。スクラバーは排ガスや有毒ガスを吸着や洗浄および中和して処理してから大気に放出する装置です。

そのまま排ガスを放出してしまうと環境に悪影響を及ぼすだけではなく、近隣住民とのトラブルにも発展してしまいます。またその工場で働く従業員の健康にも害を及ぼす事にもなるので、排ガス処理は工場には欠かせません。スクラバーは現在どの工場にも設置されていますが、排出される成分は当然工場の種類によって異なります。だからこそ設置する際には発生するガスの種類を把握しておく事が必須であり、有効でない装置を設置しても意味は薄いです。

工場の種類で代表的なのが鋳造・化学・ゴム製品・薬品が挙げられますが、そのどれにも各種装置が活かされています。有毒成分をなくすだけではなく装置の種類によっては臭気物質もなくす事もできます。現在では装置も改良を重ねられ、デオライザーと言う水膜形成によって排ガスを処理し、気液接触効率100%を実現しています。気液接触効率100%は非常に高性能を意味しており、臭気や微細粉塵も逃さず捉えてくれます。

それにより環境問題や従業員への健康問題をクリアできる様になっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です