散気管とは何か何に使われているのか

まず、散気管とは何かについてです。散気管とは液体の中に空気を放出する管のことです。散気管によって汚れた水をきれいにします。なぜ液体に空気を放出すると水がきれいになるのでしょうか。

それは、液体の中には水をきれいにしてくれる微生物が存在しています。その微生物に酸素を送ってあげます。すると液体の中にいる微生物はよく働くようになり、どんどんと水がきれいになっていくのです。では、どこで使用されているのでしょうか。

主に工場や水族館、下水処理施設、浄化槽で使用されています。工場では物を生産すると必ず汚水が出ます。工場で排出された汚水を浄化槽で一時的に溜め、散気管を利用して浄化槽の中にいる微生物に酸素を送ります。そこで先ほどお話ししたように、微生物に水をきれいにしてもらうのです。

工場は具体的に言うと機械製造や食品加工があり、それぞれ役割があります。浄化槽は家庭用でいうと生活の中で発生する、し尿、炊事、洗濯、入浴、洗面台などから出る汚水をきれいにして川に流すものですね。散気管は浄化槽でも利用されているのです。浄化槽や下水処理施設で同じような仕組みで水をきれいにしています。

水族館では水槽の中を泳ぐ魚や水生生物に酸素を送るためにエアレーターとして使われています。このように多くの場所で使われているのですね。定期的なメンテナンスをしないと、装置から悪臭がするようになるので注意する必要があります。日本で取り扱っているものはそれぞれの企業に独自の技術があります。

散気管のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です