散気管を使用することで硝化作用をアップできる

水槽は水を使用する事が多く、水草や魚を飼育する際は欠かせないアイテムの1つです。水質管理のほかに酸欠防止のため、水中に酸素を排出することができる散気管の利用は有効的な方法となります。エアレーションやエアストーンとして活用される事が多く、水の流れを生まれる事で循環させながら酸素濃度を一定に保つ効果も得られます。それ以外に散気管を使用することで得られる効果として、バクテリアの働きを活発にするという点が大きな特徴です。

魚を飼育している場合、食事をすると同じように排泄物が出てきます。ただし水中のため排泄物は広がってしまい、犬や猫のように処理をする事が難しいです。排出物自体は有害なアンモニアが含まれているので、そのまま放置してしまうと水質は劣化し魚や水草の飼育に影響してきます。排出物を効率より処理する方法として、硝化バクテリアの働きが重要なポイントの1つです。

硝化バクテリアは排泄物を無害な硝酸塩にかえてくれるので、バクテリアが活発に動く事で水質も綺麗に保つことが出来ます。またバクテリアから排出された硝酸塩は、水草の栄養にもなるので良い面が多いです。ただし硝化バクテリアを活発に活動するためには、多くの酸素が必要となります。水中内の酸素が不足していると、バクテリアの働きは鈍くなり排泄物の分解がおもうように行われなくなります。

バクテリアを活発に働ける環境にするために、散気管を使用し安定的な酸素の供給は必要不可欠です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です