散気管の泡でリラックス効果が得られる

散気管は水槽には欠かせないアイテムであり、エアストーンやエアレーションとして活用されています。水中に酸素を排出することで泡ができ、水面に上って酸素を供給していきます。水槽の酸欠防止ができるだけでなく、油膜対策やバクテリアの活性化など多くの効果が得られるのも特徴です。散気管には種類はとても多く、泡の数や酸素を排出する量や強さなども変える事が出来ます。

そのためエアレーションなどを酸素供給といった効果だけでなく、観賞用として活用する場合もとても多いです。大きな水槽であれば水槽全体に設置することで、排出される泡で演出効果を高める事も出来ます。そのため観賞している人に対して、多くのリラックス効果を与える事ができるのも魅力です。水草レイアウトを楽しんでいる人は、レイアウトだけでなく散気管も多く演出に取り入れて全体的なバランスを保ちながら活用しています。

排出される泡自体は見ている人をリラックスさせるだけでなく、飼育している魚にとっても良い効果を与えている事が多いです。魚の種類や個体によっても違いはありますが、排出される泡で遊ぶ魚もいます。泡にのって水面に泳ぐなどしながら、くるくると遊ぶ魚も多く確認されています。人だけでなく魚にとってもリラックス効果なども与えている可能性は高く、魚の種類に合わせて散気管を使い分けるという方法もポイントの1つです。

その他であればライトなども組み合わせることで、より水槽内の工夫することもできます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です