水槽で散気管を使用する場合の注意点を理解しておく

散気管は水槽では欠かせないアイテムの1つであり、多くのメリットが得られるのもポイントです。ただし同時に注意点もあるので、それを理解して使用することでより便利に活用することに繋がります。散気管として水槽で使用する場合は、エアレーションやエアストーンとして活用することになります。ただしこのままでは使用することができず、稼働して空気を排出するためにはエアポンプが必要です。

エアレーションだけでは空気の排出ができないので、使用したい場合は同時にポンプの購入も合わせて検討する事が重要になります。購入したエアレーションでは使用できないポンプの可能性もあるので、購入する際は合わせて選ぶと間違いがなくなり安心です。実際に水槽で散気管を稼働させる場合、どうしてもポンプの音が気になるという人も多くいます。モーター音などの音の大きさは種類によって違いがあるので、強いモータータイプを使用しているポンプの場合は音も大きくなります。

水槽を設置している場所などによっては、音がどうしても気になる場合も多いです。モーター音は商品によって違いがあるので、その点も考慮して静かなモータータイプを選ぶなど工夫するようにします。散気管から排出される泡によって、水面から水がはねて周りが濡れてしまうという事も多いです。その場合は蓋をして対処したり、周りに濡れて困るような物は置かないなど工夫することが大切です。

水面全体に蓋をするのに抵抗がある場合は、泡が排出される上部のみに蓋をするなど工夫することもできます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です