散気管を使用する際の水はね対策の工夫

水槽は水を使用するため、水質管理が重要となってきます。水槽の中で水草を育てたり魚を育てる場合は、水中内の酸素濃度にも気を付ける事が肝心です。特に酸欠状態にしてしまうと水草や魚の成育に影響がでるだけでなく、硝化バクテリアの活動が鈍くなり排泄物による水質自体も悪化してしまいます。酸素を十分に供給する方法としては、散気管の利用が有効的でありエアレーションやエアストーンとして活用する事が可能です。

1日中使用するのではなく時間を決めて使用するなど、水草の光合成と合わせて上手に利用するとより水質環境を安定することが出来ます。ただし散気管から排出される酸素は、泡になって排出されるので水面に到達すると破裂します。どうしても泡が破裂することによって水が飛び散ってしまうので、水槽周りなどが濡れてしまう原因の1つです。濡れるのが嫌だという場合であれば、水槽上部に蓋を設置する方法が有効的です。

蓋に破裂した際に発生する水滴が飛散するのを防げるので、水槽周りの水濡れを防ぐ事が出来ます。上部全体に蓋をする事に抵抗がある場合であれば、散気管を設置している上部にのみ蓋をするといった方法も出来ます。それであれば蓋をするスペースを最小に抑える事ができ、同時に泡が始める際の水滴防止も可能です。また水滴が周りに飛散するのは気にしないという人であれば、周りに濡れては困る物などは設置せずに拭き掃除をしやすくしておくといった方法も有効的な対策となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です