散気管を使用する際のポンプの利用ポイント

水槽では水質だけでなく酸素濃度を一定に保つために、水草だけでなく散気管を使用することがポイントの1つです。散気管はエアレーションやエアストーンとして活用されており、安定した酸素の供給を可能にしています。酸欠状態を防ぐことで水草や飼育している魚の健康状態を保つだけでなく、硝化バクテリアの活動も助ける事で排泄物なども効率よく分解し水質も綺麗に保てます。ただし散気管としてエアレーションやエアストーンを使用する場合、そのままでは利用ができず稼働させるためのポンプが必要です。

ポンプはエアレーションなどを購入する際に、合わせて購入することが重要になります。ポンプの価格だけでなく稼働音やモーターの強さなどをチェックし、所有している水槽のサイズに十分なパワーがあるかどうかも考えて選ぶ事も重要です。利用するポンプによっては予約稼働機能が付いているタイプもあり、時間を設定して稼働できるタイプなどは便利に活用できます。昼間の日が当たる時間帯は水草などの光合成のみにし、夜はポンプを時間予約にして稼働するといった利用方法も便利ます。

ただしポンプや散気管があっても稼働するためには電源が必要になるため、水槽を設置する場所で使用するための電源確保はポイントの1つです。コンセントの位置が遠い場合であれば延長高度を利用するなど、設置場所で利用できる環境を整えることも大切になります。また泡が水面で始める事で水滴が飛散することも考慮し、水槽に近い電源などは濡れないように対処することも重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です