エアーポンプと散気管

水槽で熱帯魚などを飼育している人には散気管は馴染みのあるパーツです。なぜかというとエアーポンプや浄化槽に付随するパーツであるからです。しかしそれ以外の人にはあまり聞き覚えのない散気管ですが、製造業とは密接に関わっています。どのような部品なのかといえば、簡単に説明すると水を浄化するための空気の通り道です。

エアーポンプとつながっている管が散気管なのです。機械を製造するにも食品を加工するにもそこに必要なのは水です。そして製造過程によって汚水が出ますが、それらは一度浄化槽を通り、害のない状態で排水されなければならないのです。そうでなければ工場排水が川を汚染してしまい、住民の健康被害に繋がってしまうからです。

これは法律でも規制されているので、ご存じの人も多いでしょう。しかし散気管は単なる通り道なのかと言われればそうでもなく、浄化槽の中で汚水を分解してくれるバクテリアを守ってもくれています。微生物が必要な空気を送る装置が散気管なのです。目詰まりを起こすこともあるので定期的なメンテナンスや交換が必要です。

サイズや種類も豊富で、長持ちするような種類も様々な企業が開発しています。見た目に比べると構造がやや複雑に作られていますが、目詰まりを起こしにくくなる商品も出ているため、これからも多くの改良がなされることでしょう。人々の生活には水が必需品ですが、こういった小さなパーツにも支えられていることを意識しなければなりません。散気管のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です