散気管を効果的に利用する方法

散気管には様々な種類があるため、用途に応じて選ぶことが重要なポイントとなります。しかし、最近では単純にその記法の細かさや一般的に定義される用途のほか、特殊な機能を持っているものもあるためこれらも十分に理解した上で選ぶことが必要となることに注意をしなければなりません。散気管は一般的には微細な気泡を発生させて空気中に酸素を送り込むものが主な機能となっており、これにより水中の微生物を活性化させることで水質の改善を行うために利用されるものです。酸素の供給量に応じて微生物の活性化の度合いが異なるため、これを送り込む空気の圧力などで調整をすることが少なくありません。

しかしこの場合には微生物の分解能力に依存するため、効果的な水質改善を急速に行う事は望めないといったデメリットがあります。これを改善するために散気管メーカーでは特殊な技術を用いて様々な効果を生み出す製品を発表しており、これを利用することによってより高い水質改善を生み出すことができるものが登場しています。その中でもキャビテーション効果を利用したものは水中で急激な圧力変化を起こすことにより水蒸気を発生させ、この状態変化によって汚れの原因となる様々な物質を粉砕してしまうと言う非常に高度な機能を実現しました。しかしこの機能は急激に水蒸気を発生させるため水の状態変化が著しく、様々なものを破壊してしまうと言う危険性をはらんでいることからその利用には十分に注意をすることが必要です。

散気管には、高度な技術を持っているものもたくさんあります。そのためその機能や使い道を十分に理解して選ぶことが必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です