世界文化遺産登録された富士登山ツアー

富士山は2013年6月26日に世界文化遺産として登録が行われました。

世界文化遺産に登録されたことで注目をより多く集める山として多くの人々が富士山の頂を目指しています。



富士山の標高は3776メートル、頂上からの眺望は360度の大パノラマ、運が良ければご来光や雲海などを目にすることが出来ると言う魅力があります。



しかし、富士山は日本の中ではもっとも標高が高い山であり、初心者が簡単に登ることが出来ない環境を持つ山でもあります。
登山を楽しむためには自然や山に対する知識、体力、装備などが必要であり、体力を持っていても知識や山登りをするための装備には何が必要になるのかと言う事を知らなければ危険な状態に陥る事もあります。

富士登山ツアーは体力をある程度持つ人であれば初心者でも比較的容易に富士山の頂に立つ事が出来るツアーの一つで、世界文化遺産登録が行われた以降人気を集めています。尚、富士登山ツアーは富士山に在る幾つかのルート毎に企画が作られている事、富士山には幾つかの山小屋が在り、ツアーに応じて宿泊する山小屋が異なるなどの違いがあります。



そのため、1度だけではなく何度でも富士登山ツアーを利用する事でバリエーションを持つ登山を楽しむことが出来ると言ったメリットが在ると言う事です。


登山の難易度はルートにより決まるため、初心者の場合には初心者向けのルートを利用する富士登山ツアーに参加するのがお勧めで、経験を積むことで難易度が高いルートでの富士登山ツアーの参加も可能になります。